新築住宅の設計を一級建築士に任せれば安心というわけではない

大改造!劇的ビフォーアフターで登場する匠は一級建築士ばかりですが、みんながみんな一級建築士だから安心というわけではありません。中には、全然知識がない一級建築士の方々もいらっしゃいます。

 

すみません、全然知識がないというと語弊がありますね(汗

 

一級建築士は二級建築士と比べると月とスッポンぐらい試験の難易度の差があるので、正直、一級建築士は建築バカしか取れるような資格ではありません。(笑)

 

なので知識がないわけではなく、一級の場合はマンションやホテル、商業施設などの設計を得意とする人のほうが多いので、戸建ての木造住宅を得意としている人が少ないんですね。

 

逆に二級建築士のほうが住宅程度の規模の建物しか設計できないので、戸建住宅を得意とする人のほうが多いんですよ。

Sponsored Link
 

でも世間的にはやっぱり一級なんです

「坂上忍、家を建てる」で坂上忍さんの家を設計した近藤さんというかた、このかたが紹介された時に「二級建築士」と紹介されたのですが、これを見ていた僕の妻が「二級建築士かぁ。」とボソッと言いました。

 

坂上さんクラスの人が建てる住宅の設計を二級建築士にお願いして大丈夫なのかと。

 

確かに、誰がどう聞いても二級建築士にお願いするより一級建築士にお願いするほうが安心感はあると思います。

 

もちろん、バリバリ住宅の設計に詳しい一級建築士が一番理想だとは思いますが、だからといって二級建築士がダメというわけではありません。

 

経験豊富な二級建築士のかただったら、かえって一級建築士より安心な場合もあります。

 

では、ハウスメーカー、工務店、設計事務所だったらどこにお願いするのが一番良いのでしょうか。

Sponsored Link
 

”設計”という視点で考える

ハウスメーカーの場合は、自社で一級建築士を構えているところが多く、施工マニュアルなどもしっかり作りこんでいるので基準やルールが定められています。

 

なので、ノウハウは多く安定はしていますが、施主の要望に対する融通はききにくいです。

 

工務店の場合は、当たり外れが多く、建築士を置いていないので設計自体を外注しているところもありますが、そのような工務店の場合は間取りのプランニングは営業マンがやっていたりします。

 

ハウスメーカーより融通はききやすいですが、まだまだざっとしている工務店が多いのも事実です。

 

設計事務所の場合は、住宅を中心に設計している場合だったら、ハウスメーカーや工務店にお願いするよりデザイン性の高い住宅になるでしょう。

 

ただ、ハウスメーカーや工務店にお願いするより割高になると思います。

 

icon-check3-r 安定感で選ぶならハウスメーカー

icon-check3-r 融通の良さで選ぶなら工務店

icon-check3-r デザイン性で選ぶなら設計事務所

 

特にこれから計画するという人であれば、優良住宅会社のプランニングサービスを利用すると良いでしょう。

⇒比較しないと損!300万も差がでるプランニングサービス【無料】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です