新築なのにゴキブリが!侵入口の盲点がここにあった!

新築住宅を購入して数ヶ月たったころでしたが、初めてゴキブリが現れました。

 

「ギヤーーー!!ゴキブリ!!うそでしょ?なんでなんで?」

 

こんな妻の叫び声を今でも覚えています。

 

実際に、新築で戸締まりもきちんとしているのにゴキブリが現れたという声も少なくないようですね。ではどこからやってくるのでしょうか??

Sponsored Link
 

前の家から持ってきた??

引っ越し前のアパートにゴキブリがいた場合は、家具や家電、ダンボール詰めした衣類や食器類などにゴキブリのたまごが付着していると、気が付かずに新築に運んできてしまいます。

 

一度ゴキブリを発見すると、100匹は潜んでいるなんて聞いたことがありますが、運んできてしまったらせっかくの新築住宅が台無しになってしまいますね。

 

でも、実は前のアパートではゴキブリを一度も見たことがなかったんです!

 

昔から実家にはいましたけどね。でも実家から運んできたものなんて何もないし、どこからやってきたんだろう・・・と。

Sponsored Link
 

実はここから侵入するんですって!

妻が大のゴキブリ嫌いなので、他にいたらどうしようと心配していましたが、たぶん外からやってきたんだろうなーというのは察しがつきました。

 

でも、戸締まりはきちんとしているし、家に隙間があるなんてことも考えにくいので、自分たちではまったく気がついていなかったんです。

 

で、ある日エアコンの調子が悪くなったので、業者のかたに見に来てもらったのですが、

 

「室外機ってちゃんと掃除してます?あ、今回の故障とは全然関係ないんですけどね、室外機が汚れているとエアコンの効きが悪くなるし、最悪ゴキブリが侵入してきちゃいますからね。(笑)」

 

ですって・・・。

 

コレだ!絶対にコレだ!妻とふたりで確信した瞬間でした。

対処方法は?

特に1階の室外機からの侵入の可能性が高いようですが、2階のベランダの室外機からの侵入もゼロではありません。

 

問題なのは、室外機の下から出ている「ドレンホース」が室内と室外をつないでいる経路となっているので、ここからゴキブリが侵入してきてしまいます。

 

特に室外機やその周りが汚れていたりゴミを置いているとゴキブリが来やすい環境になるので、まずは周りを掃除してください。

 

きちんと掃除をしたうえで、こちらを使用します。

防虫用のドレンキャップというものなんですが、ホースにキャップをしておくことでゴキブリの侵入を防ぐことができます。

 

僕もホームセンターに速攻で買いに行きました、300円程度でしたし。

 

それからは室外機のまわりもきちんと掃除していますし、ドレンキャップをつけているのでゴキブリを室内で発見することはなくなりました。

 

ただ、一度だけベランダにゴキブリが死んでいるのを発見したので、ベランダの室外機もキャップしておいてよかったなーと思いました。

 

ゴキブリ対策は室内だけでなく、室外にも注意しましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です