ローコスト住宅はダメ?評判が悪い理由はコレ!

ここでいうローコスト住宅とは、坪単価50万円以下の物件で話を進めます。20万、30万でうたってるメーカーも結局はオプションで50万弱にはなるので・・・。

 

ちょっと先日、大工の友人と話す機会があったので、そのときに聞いた話を紹介します。ちなみにその大工は、大手HM、ローコストHM、工務店のどの現場でも仕事をしたことがあります。

Sponsored Link
 

大手ハウスメーカーとローコストメーカーの違い

まず、大手HMとローコストHMで、使っている構造材に差はないということです。最近ではローコストでも耐震に力を入れているので、安心して住めないなどといった心配はありません。

 

では、どんなところに差があるかというと、ズバリ「仕上げ材」です。

 

仕上げ材とは、外壁や屋根材、フローリング、壁紙、窓サッシ、キッチン、トイレ、お風呂などを指しますが、ここが金額に差が出ている部分だろうということです。

 

外壁だったら、メンテナンスフリーのタイルやオリジナル製品を大手は使用していますが、ローコスト住宅の場合は普通のサイディングなので耐用年数は10年程度です。

 

キッチンやお風呂、トイレにしても、やっぱり大手のほうがワンランク上という感じがするそうです。とはいっても、安くても昔よりはどんどん性能がよくなってきているので、贅沢言わなければ満足できるレベルです。

 

一般の方でも比較すれば目に見えてわかる部分が仕上げ材の違いで、その他の部分でいうと、標準仕様書の質だと言います。

 

標準仕様書といってもよくわからないと思いますが、1件の住宅を建てるためにはいろんな下請け業者さんがたずさわるので、間違いが起こらないように施工用のマニュアルがあります。

 

そのマニュアルが大手のほうがしっかりと作りこまれているので、大工さん的にはやりやすいそうですが、マニュアルがしっかりしている分、現場監督の知識レベルは低いとのことです。

 

ちょっと標準とズレたときに質問しても、大手の監督は全く理解していないので、その点ではローコストHMのほうが監督がしっかりしてるし融通が効きやすいという利点もあるようです。

 

ここまで聞くと、仕上げの差はあるにせよ、なぜこんなにローコスト住宅の悪い評判が多いの?と思いませんか?

Sponsored Link
 

ローコスト住宅の評判が悪い理由

ローコスト住宅の場合は、手間請けの単価が安く工期が短いので、下請け業者も利益を残すために仕事が雑になってしまうことがあるそうです。

 

で、悪いうわさってすぐに広がりますよね、ネットの書き込みでもそうですが、いいことを書き込むより悪いことを書き込みたがる人のほうが圧倒的に多いです。

 

なので、自分に不満があったりちょっと不愉快に感じてしまうことがあれば、一気に拡散されてしまうので悪い評判のほうが目立ってしまうということです。

 

もちろん、評判が上がるということはそれなりの落ち度があるのも事実ですが、普通に満足している人たちのほうがきっと多いと思いますよ。

さいごに

大手HMとローコストHMで比較しましたが、友人の大工いわく、もしローコストHMの坪単価で住宅を建てるなら、地元の工務店で建てたほうが同じ坪単価ならグレードのいいものができるとのことです。

 

いくらローコストとはいえ、広告宣伝費や人件費にかけている金額が大きいので、そのコストを回収するためにはどうしても利益をださなくてはなりません。

 

それに、あれもこれもオプションとなってしまうので、工務店で建てたほうが良心的な価格で対応してくれるところが多いです。

 

工務店には「オプション」という概念があまりないのかなーと思います。そもそも標準がないので、かかった分だけ費用を頂くという考えで、後々金額が跳ね上がるというのも工務店のほうが少ないように感じます。

 

ローコスト住宅を検討されているのであれば、地元の工務店も検討されてみてはいかがでしょうか。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です