おすすめのウッドデッキ材料3選!NGな種類もこっそり紹介

ウッドデッキの材料選びって
実はけっこう重要なんですよ。

 

よくあるのが、
ウッドデッキの作り方はちゃんと調べるけど
材料は近くのホームセンターで
丁度いいサイズをテキトーに買ってきて自作。みたいな・・・。

 

これ、危険です。

 

知人がこれで失敗して建物本体まで
補修するハメになりました。

 

続きは記事後編で。
まずはおすすめの材料を見てみましょう。

Sponsored Link
 

ウッドデッキ材おすすめベスト3!

ちょっとその前に、木材の豆知識。

 

木材は広葉樹と針葉樹の2種類に分類されますが、
広葉樹を英語で言うとハードウッド、
針葉樹はソフトウッドです。

 

分かりやすく言うと堅いか柔らかいかの違いです。
実際には木材の繊維の細胞の違いなどもありますが、
ここではハードとソフトで覚えておいてください。

 

で、ウッドデッキに適しているのは
ハードウッドと呼ばれる広葉樹です。

 

そのハードウッドの中でも
ウッドデッキ材料に人気の物を紹介します。

ウリン

s_p1010813b

ウリンはハードウッドの中でも特に堅い部類です。
その分加工するのは大変なのですが、
100年は腐らない木と言われています。

 

耐久性が高いので水にもへっちゃらです!

 

ポリフェノールを多く含んでいるので
最初は赤茶色っぽいのですが、
だんだんこげ茶っぽいイイ色に変色していきます。

 

ちなみにこの写真は無塗装で、
キシラデコールなどは塗ってません。

 

やっぱメンテナンスフリーがいいですよ。

 

イぺ

s_北東から

イぺも堅くて耐久性が高い材料です。

 

ウリンとは違って黄色っぽい色なので
ナチュラルなお家にはマッチします。

 

狂いや割れも他の材料に比べて少ないので
長年経って木材の反りで床がデコボコしてきた
なんて心配もありません。

 

ただ、これもウリンと同じで
堅いので加工はしにくいです。

 

アマゾンジャラ

s_P8210025

聞き慣れない名前ですね、アマゾンジャラ。

 

一見ウリンにも見えますが、
ウリンより赤みが強くて濃い色です。

 

これも無塗装なんですよ、
塗ってるくらい濃いですが。。。

 

堅さや耐久性もウリンやイぺと同等なのですが、
ちょっとだけウリンやイぺより安いので
最近人気が出てきています。

 

ただ、ハードウッドはなかなか売ってないんですよ、
ホームセンターにも置いてないですし、
入手困難なのが難点かなーと思います。

 

ハードウッド通販で購入するのが
一番手っ取り早いかもしれませんね。

Sponsored Link
 

使わない方がいい材料

ウッドデッキ材でよくホームセンターに
置いてあるのがSPFというツーバイ材ですが、
これは使わない方がいいです。

 

これはソフトウッドに分類されますが、
メンテナンスがとっても大変なんですよ。

 

しかも、シロアリの大好物。

 

同じ針葉樹(ソフトウッド)でも
ヒノキやヒバのように害虫がつきにくい木材もありますが、
SPFはシロアリが来やすいです。

 

知人が5年ほど前に住宅を購入して、
SPFでウッドデッキだけ自作したのですが、
ウッドデッキに発生したシロアリが
本体に侵入して土台と柱を食べてました。(汗

 

結局ウッドデッキは解体して、
建物もシロアリに食われた部分は
補修するというハメになりました。

 

よく、ウッドデッキの作り方の説明でも
SPFを使っていますが、
個人的にはおすすめできません。

 

以上、おすすめ3選とNG材の紹介でした。
参考にしてみてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です