新築の外観で失敗を防ぐ3つのポイントはコレ!

外観は家の顔となる部分なので
外からいろんな人に見られることになり、
失敗してしまうとずっと気にしてしまいます。

 

もちろん自己満足ではありますが、
できれば訪れた人に「ステキ」って
思ってもらいたいですよね。

 

後悔しないために外壁の選び方
について見ていきましょう。

Sponsored Link
 

色は実物で確認せよ!

クロスの選び方のときにも説明しましたが、
小さいカタログだと実物と違った色に見えます。

⇒失敗しないためのクロスの選び方

 

こちらでも書いていますが、
面積対比と言って見える面積が大きくなると
明るく鮮やかに見える性質があります。

 

なので、
カタログでちょうどいい黒に見えても
実物ではちょっとグレーに見えてしまうこともあります。

 

サイディングの場合はクロスより凹凸があるので、
実物で確認しておかないと
思っていたより凹凸がなかったりします。

 

ハウスメーカーや工務店は、
現物のサンプルを持っていたり取り寄せてくれるので、
カタログでいいなーと思うものは現物も見せてもらいましょう。

Sponsored Link
 

張り分ける位置に注意

これは我が家でやってしまった失敗ですが、
シンプルモダンな外観にしたかったので
白と黒のツートーンに張り分けました。

 

ただ、その貼り分ける位置が
同じ面(同じ直線状)で無理やり分けてしまったので
けっこうダサイです・・・。(汗

 

綺麗に貼り分ける場合は、
建物形状に凹凸を作ってやって、
凹んだ部分の色だけを変えるか、
出っ張った部分だけ色を変えるほうがきれいです。

 

縦に2本ぐらいラインを入れるだけなら
同じ面で貼り分けても綺麗ですが、
半分は白、半分は黒のような
張り分け方はやめたほうがいいです。

真っ黒のガルバリウムの外壁は・・・

最近は真っ黒のガルバリウム鋼板の
外壁が増えていますよね。

 

モダンでカッコイイので
我が家にも採用しようと思ったのですが、
隣の家が使ってたのでやめました。(笑)

 

でもやめてよかったなーと思ったのが、

鳥のフンがめちゃくちゃ目立ちます!

 

うちの周りには電線にハトが
よくとまっているのですが、
いつもフンをしてどっか行きます。

 

黒って狙われやすいんですかね?

 

僕の車は黒なのですが、
よく鳥のフンがついています。

 

車ならまだいいですよ、
簡単に洗車できますから。

 

でも家に鳥のフンがついても
なかなか掃除できませんよね。
しかも2階の壁に・・・。

 

隣の家を見てると日に日に
ハトのフンが増えているので、
気の毒だなーと思っています。(笑)

 

真っ黒の家を建てるときには、
電線にハトがよく止まっていないか、
道路にハトのフンが落ちていないか
確認するようにしましょう。

 

以上が3つのポイントです。

 

1番目と2番目は自分の失敗なので
まだ我慢できると思いますが、
鳥のフンだけはストレスになるので
周辺環境は確認しておいてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です