違いはコレ!ハウスメーカーが工務店より優れているところ!

マイホームを建てるときに
どの住宅会社に依頼するかどうか
はとても重要なポイントになってきます。

 

ここを失敗してしまうと
せっかくの家づくりがつまらないものになってしまいます。

 

実際に施主と住宅会社とのトラブルはよくあることで、
契約破棄や着工中止、ひどい場合だと裁判にまで
発展してしまうケースもあります。

 

そこで、前回はローコストハウスメーカーの注意点
を紹介しましたが、今回はハウスメーカーが
工務店より優れているところを紹介します。

Sponsored Link
 

時代の流れに敏感

工務店の場合は昔ながらのプライドとこだわりを持って
家づくりをされていることが多いので
最近の傾向や情報を知らない人も多いです。

 

その点、ハウスメーカーの営業マンは
資金計画や補助金、優遇制度のことから
最新設備などのこともよく勉強されています。

 

工務店の場合は自由に独自路線を突っ走って
他社との差別化をはかることは可能ですが、
ハウスメーカーの場合は似たようなメーカーが増えてくると、
知識やサービスで差別化するしかないですからね。

 

なので、工務店さんに聞いてもわからないことも
ハウスメーカーの営業マンはよく知ってるなー
と思うところが多いです。

Sponsored Link
 

自社システムが確立している

以前に、木造住宅の構造デメリット
について紹介しましたが、
ハウスメーカーの場合は自社できちんと
計算されているところが多いです。

 

大手ハウスメーカーなら間違いなく
この部分はクリアーしていますが、
中小のハウスメーカーでも
きちんとしているところが増えています。

 

昔ながらの経験と勘ももちろん大事ですが、
数値的根拠のある計算、設計というのも大事です。

 

それだけきっちり計算しているので、
やっぱりこっちがいいなーと思っても
なかなか融通がきかないですし、
わがままも聞いてもらえません。

 

その分、時間をかけてきちんと計算して
安心できる住宅を建てるという
ハウスメーカーならではのこだわりがあります。

ブランド力がある

これはもう、そのままなのですが、
テレビCMなどで認知度も高いので
工務店より安心感はあります。

 

さあ、マイホームを建てよう!
って思ってもどこにどう連絡すればいいかわからないですよね。

 

ハウスメーカーだったらインターネットで
一括でカタログを請求することもできますし、
モデルハウスに見学に行くこともできるので
比較がしやすいです。

 

広告も出してなくて、地元でも認知度も高くない
工務店だったら知り合いの紹介などで
建てることが多いので他社と比較することが少ないそうです。

 

やっぱり数社は比較したほうがいいかと思います。

 

その点、ハウスメーカーに依頼する人は
平均6社以上は比較するようです。

 

カタログをもらうだけならタダなので
自分好みの外観や間取りを見つけて
マイホーム計画の参考にしてみてはいかがでしょうか。

icon-arrow4m-b-r ハウスメーカー・工務店の資料一括請求!

ここだったら最大16社も一括で
カタログ請求できるようです。
そんなにいるのかな。(笑)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です