坪単価の安いローコストハウスメーカーのここに注意!

「坪単価30万!」

坪単価をデカデカと広告に載せている
ハウスメーカーってありますよね。

 

だいたいこの手の広告を出しているのは
ローコスト住宅を売りにしているハウスメーカーです。

 

テレビCMなども出しているところが多いので
それなりに知名度もあって
下手に工務店に頼むより安心できる面もあります。

 

ただやっぱり安いなりの理由もありますので
身を付けるポイントをまとめました。

Sponsored Link
 

これってオプション?

基本的にどのハウスメーカーにも
標準プランというものがあります。

 

基準はハウスメーカーによって違いますが、

 

キッチンはこれ、お風呂はこれ、トイレはこれ、
1部屋に窓は2つまで、和室は別途、
建物形状が真四角以外はオプション・・・

 

などの項目があります。

 

ここから外れるものは全てオプション料金が発生します。

 

なので、ちょっと個性を出したいとか、
ここはこうしたいなどといった要望が増えると
それだけ金額も膨らんでいきます。

 

「坪単価30万!」
というのは最初の標準プランであって、
結局は40万以上になるケースがほとんどです。

 

だったらなんとなく損ですよね。
世間的には〇〇ハウス=安い住宅
って思われているからそういう目で見られますが、
実際はそこまで安くないんですから。

 

Sponsored Link
 

性能もそれなり

仮に、ハウスメーカーと工務店が同じ坪単価なら
工務店の方が性能の良い住宅を建てれます。

 

工務店に比べると物件数が多いので
材料や設備を安く仕入れられるメリットがありますが、
広告宣伝費や営業マンの人件費が
工務店より上乗せされています。

 

それでもその金額でできるということは
そこそこの性能でしかないということです。

 

工務店だったらテレビCMもないですし
営業マンの人数も少ないので
その分、性能を上げてくれています。

 

工務店の場合はプランによって
かかる費用は上乗せされますが、
オプションという設定はないので
さらにプラスされるということはありません。

当たりはずれがある

ハウスメーカーの口コミなどを見ていると
いいことも悪いことも書かれているので
何を信じていいかわかりませんよね。

 

まぁ、いいことは疑って悪いことを信じるのが
人間の特性なのですが・・・。(笑)

 

ハウスメーカーの場合は全国展開しているところが多いので、
店舗によって良い悪いのバラつきがあります。

 

目標棟数〇〇棟!
といったノルマも掲げられているので、
売ることしか考えていない営業マンも多いです。

 

なので、言っていたことが伝わってなくて
打合せがスムーズにできなかったり、
アフターフォローは音沙汰なしといった状況になります。

 

保険の営業マンと一緒ですよ、
入会するまではしつこいけど
入った途端に連絡がなくなるみたいな。

 

みんながみんなではないですけどね。
ただ、そういう人もいるので
当たりはずれが多いのかなーと思います。

 

もちろん、ハウスメーカーにも
いいところはたくさんありますが。。。

⇒ハウスメーカーが工務店より優れているところ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です