新築住宅を木造で建てる構造デメリットが怖すぎる

大手ハウスメーカは軽量鉄骨の住宅もありますが、
ほとんどの方が戸建て住宅なら
木造で建てるのではないでしょうか。

 

でもその木造住宅のほとんどが
構造計算されていないって知ってました?

 

ヤバくないですか?
一生に一度の高い高い買い物が
欠陥の恐れだってあるってことです。

 

ちょっとよくわからないという方のために、
詳しく説明していきましょう。

Sponsored Link
 

そもそも構造計算ってなに?

構造計算と言うのは、
地震や台風が起こった時に
耐えられる力を検討したり、

 

雪が積もった時の重量、家具や人の重量、
建物自体の屋根や壁の重量に
骨組みが耐えられるかどうかを検討することです。

 

昔ありましたよね、マンションの耐震偽造。
姉歯さんが儲けるために
計算より少ない鉄筋量で施工してたってアレ。

 

あれは耐震偽造であって
計算していないわけではありません。

 

計算はきちんとしているにもかかわらず
鉄筋を減らしているという悪質な行為でした。

 

で、木造住宅の場合はそもそも構造計算してないんです。
だから犯罪にもなりません。

Sponsored Link
 

木造住宅のここが怖い!

全ての工務店や住宅メーカーが
計算していないということではないですが、
たぶんほとんどしていません。

 

建築基準法で、2階建てまでの木造住宅は
申請時に構造計算書の提出が不要とされています。

 

3階建てになると構造計算が必要になりますが、
2階建てまでなら計算しなくていいんです。

 

ではどうやって骨組みを考えているかというと、
今までの経験値であったり感覚です。

 

大工さんが考えるか、
骨組みを加工する工場の人が考えてます。

 

それなりに経験を積んでいる人たちですが、
根拠となる計算値を出していないのが現状です。

 

耐震等級3などの「耐震」という言葉は
聞いたことがあるかもしれませんが、
これは地震と台風にたいする計算のことです。

 

この計算はやっているところも多いのですが、
地震や台風などに耐えられても、
ずっと乗っている家具や屋根の重みに
耐えられなかったら意味ないですよね。

 

ここまで話すと木造住宅で建てるのが
怖くなったかもしれませんが、
木造の場合は経験値ってすごーく大事なんです。

木造は鉄骨や鉄筋とは違う!

木材の木目が1本1本違うように、
木の反りや強度も1本1本違います。

 

鉄骨や鉄筋だったらどれを使っても
同じ種類なら同じ強度なので、
計算値を信用しても問題ありません。

 

木造にももちろん基準値はありますが、
大工さんや加工場の人の経験値も大事です。

 

欲を言えば計算して根拠のある数値に、
経験値をプラスしてもらいたいところですが、
経験とカンで建ってる住宅が多いのも事実です。

 

平屋だったら上に部屋が乗るわけではなくて
屋根だけなので構造的にもそう問題はなさそうですし、
3階建て以上は構造計算しているので問題なさそうです。

 

一番問題なのは、一番多い2階建てですね。

 

もちろんきちんと計算しているところもあるので、
不安な方は建てられる工務店さんに
一度確認してみてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です