子供部屋の間取りの広さは6畳ないとレイアウト的にキツイ!

子供部屋の広さってどれぐらいで計画されましたか?
一人6畳は確保できたでしょうか?

 

クローゼットを含んで6畳だったり、
建坪が小さいから4.5畳しか取れなかった
というご家庭も少なくないはずです。

 

我が家もクローゼット込みで6畳なのですが、
レイアウトしてみると意外に小さいです。

Sponsored Link
 

クローゼット込み6畳の落とし穴

クローゼット込みで6畳とはこのような間取りです。

06_02

出典http://sumai.rakumachi.jp/navi/madori-dr/06_2.html

6畳の子供部屋の中に1畳のクローゼットがあります。
なので実際は5畳が子供部屋ってことですね。

 

でもここで考えてもらいたいのが
ドアの前の半畳分は全く使い物にならない
デッドスペースになっています。

 

ということは実質4.5畳ということです。

 

ではこの間取りでレイアウトを考えてみましょう。

Sponsored Link
 

ベッドはどこに置く?

まずベッドの配置ですが、ベランダへ出る窓があるので
右下に配置してみましょう。

06_03

こんな感じですかね。
クローゼットが開けにくいかもしれませんが
ここしかないでしょう。

 

では次に机を配置してみましょう。

 

ん?窓がある・・・。
配置できるのかな・・・。(汗

06_04

ここですか・・・?

 

ちょっと無理がありますよね。
もう何も置けませんし使い勝手悪すぎです。

 

子供が小学生のうちはまだいいですが、
中学生くらいになると自分の部屋に
テレビやDVD,本棚などがほしくなってきます。

 

「おかん、俺の部屋狭すぎなんだけど。」
って言われちゃいそうですね。

 

そんなときは、ロフトベッド付きの机で
対応するしかないと思います。

こんなやつですね。

 

これだったら机とベッドが1か所にまとめれるので
テレビや本棚がほしくなっても大丈夫です。

まとめ

ロフト付ベッドで対応してもいいですが、
寝るときにわざわざはしご昇るのって面倒なんですよね。

 

なので、欲を言えばクローゼットとは別で
6畳はあったほうがいいと思います。

 

新築を建てるときに子供部屋のレイアウトも
一緒に考えていなかったら
建ててから後悔することになってしまいます。

 

まだ子供が小さかったら机やベッドを購入するときに
ロフト付を選べば狭くても対応できますが、
もうすでに机もベッドも持っている人は
買いなおすのはもったいないですよね。

 

子供の将来のことも考慮して
6畳の間取りで検討してみてはいかがでしょうか。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です