え?そんなとこから雨漏り?新築で失敗しないための屋根形状

屋根形状は外観のカッコよさを決める
重要なポイントなので、新築住宅を計画するときに
こだわる人も多いと思います。

 

特に最近ではモダンな住宅も増えてきて、
昔のような切妻屋根や寄棟屋根よりは
片流れ屋根や箱型の陸屋根が人気です。

 

でもそんな人気の片流れ屋根や
陸屋根にももちろんデメリットはあります。

 

そこで、それぞれの屋根形状の
メリットデメリットを紹介します。

Sponsored Link
 

切妻屋根

outside21

出典http://www.katase21.com/case/036/

昔ながらの飽きのこないシンプルな形で、
最近のモダンな住宅にも使われています。

 

正直、デメリットが思い浮かばないくらい、
住宅にとって理想的な屋根形状です。

 

雨漏りもしにくいですし・・・。
これは記事後編でお話しします。(^^)

 

棟の下あたりには、小屋裏収納や
ロフトを作ることもできるので、
屋根裏の無駄な空間をなくすことができます。

 

本当に悪いところが出てこない。(笑)
しいて言うなら、ありふれていることぐらいでしょうか。

Sponsored Link
 

寄棟屋根

main_photo6-682x546

出典http://www.aqura.co.jp/gallery/sw0022/detail/122/

僕は基本的にモダンな家が好きなので、
どの屋根形状でもモダンでカッコよく見える
住宅を紹介しています。

 

昔の和風の瓦の家によく使われていた形ですが、
この写真を見ると今風なイメージですよね。

 

寄棟のいいところは、軒が全ての外壁面にかかるので、
壁に当たる雨を防いでくれます。

 

デメリットは、切妻に比べると屋根面が増えて
山や谷ができるので、雨仕舞が難しくなります。

 

あとは、小屋裏収納やロフトは取りにくいです。

片流れ屋根

oshidaDawn4

出典http://www.otanisekkei.co.jp/gyomu/sekou/jutaku/odHouse.html

最近はよく見かけるようになってきましたね。
ある意味、切妻よりありふれていますが・・・。(笑)

 

片流れ屋根の場合は、切妻と違って
棟で屋根を折り返さないので、
小屋裏収納やロフトの空間を取りやすいです。

 

他に、片流れは屋根面が1面だけなので、
雨仕舞がしやすいです。

 

ただ、片流れの上側(軒と反対側)は
軒がかぶさっていないので、
壁に雨が当たりやすくなってしまいます。

陸屋根

20130430-01

出典http://www.noveworks-rc.com/e62.html?PHPSESSID=a7c2765b98c8a0bada29343ab6fb3851

最近は特に増えてきていますね、
このようなキューブ型の陸屋根。

 

モダンでカッコイイですよね、
実は僕も流行りものが好きなので
この形の外観は好きです。

 

でも、箱の中に屋根があるタイプなので、
雨を軒で受けることなく壁に当たってしまいます。

 

なので、雨が降ったときに
窓を全く開けられないんですよ。

 

梅雨時期のジメジメしたときは
特に窓を開けたくなるのですが、
ちょっとでも開けると家の中に雨が入ってきます。

 

で、これが一番のデメリットなのですが、
雨漏りの70%以上は屋根ではなく壁で起こります。

 

実は屋根から侵入する雨漏りより、
壁から侵入してしまう雨漏りの被害の方が
圧倒的に多いのです。

 

ということは、切妻や寄棟は軒があるので
壁に直接当たる雨を最小限に抑えてくれますが、
片流れや陸屋根は雨が降れば降るほど
壁に当たるので、雨漏りしやすくなります。

 

よく、「この屋根は雨漏りしやすい。」
と言われますが、実は原因は
屋根形状そのものではなく、
外壁に当たる雨の量が関係しています。

 

それに、雨漏りに対する意識も
屋根屋さんは高いですが、
外壁屋さんは低い人が多いので
ちゃんと施工されていないこともよくあります。

 

確かに屋根形状が違えば見た目は全然違ってきますが、
どれも今風のモダンな家に仕上げることができるので
切妻や寄棟も検討してみてはいかがでしょうか。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です