マジか?住宅購入は消費税5%のときより10%がお得?

新築住宅を購入したいけど、
消費税がどんどん上がって10%になったら
夢のマイホームは滅亡的。。。

 

なんて考えているあなた!
実はそんなこともなさそうですよ。

 

確かに消費税だけを見れば
5%と10%じゃ全然違いますよね。

 

同じ2000万の住宅でも、
消費税を合わせて2100万で買えたものが
10%では2200万になってしまいますからね。

 

ではちょっとシミュレーションしてみましょう。

Sponsored Link
 

消費税について

まず、土地を持っていない人は
土地と建物の両方を購入しなくちゃなりませんよね。

 

でも、消費税がかかるのは建物だけ。
土地には消費税はかかりません。

 

ということは、例えば
1000万の土地と2000万の建物を購入したとすると、
消費税がかかるのは建物の2000万だけ。

 

2000万×5%=2100万

2000万×10%=2200万

 

その差は100万ですね。

 

デカイ。。。デカすぎる!!
100万の差はさすがにデカイ。。。(汗

 

では次に住宅ローンを考えてみましょう。

Sponsored Link
 

住宅ローンについて

僕が家を購入したときの住宅ローンの金利は
フラット35で2.4%でした。
消費税は5%です・・・。

 

今、2015年2月現在は1.37%です。

 

その差なんと、約1%!!

 

住宅ローンの金利は僕が建てたときでも
一番低い金利と言われていたのに、
どんどん下がってきています。

 

これから極端に上がっていくことは考えられないでしょうね。

 

ではこの1%の差がどれくらいすごいのか
期待しながら見てみてください。(笑)

シミュレーション

頭金なし、ボーナス払いなしで
3000万円借り入れしたとします。

 

フラット35で2.4%だった場合、
月々の返済が10万5千円ぐらいになります。

 

1.4%だった場合、9万ちょっとです。

 

月々の返済が1万円の差!

1年間で12万円の差!

35年間で420万円の差!

 

ちなみにフラット35Sで、
今だったら10年間は0.6%優遇されます。

 

なので、実際は月々の返済は8万ちょっとです。

 

2000万円の建物で消費税が5%から10%になって
100万円の差が出たのに対して、
金利は420万円もお得なんです。

 

で、ちなみに今の8%だったら
もっとお得ってことですね。

まとめ

目の前の消費税だけを考えるより
住宅ローン返済のことを考えて
長い目で見るとこれだけ金額に差が出ます。

 

今回は、わかりやすく35年固定の金利で
シミュレーションしてみましたが、
実際には金利優遇があったり、
減税や補助金があったりします。

 

長期優良住宅や低炭素住宅、
省エネ住宅ポイントなど、
今は建てやすい環境が整っています。

 

消費税が10%になったとしても、
5%のときと比べてどうなったの?

 

ということを考えてみると、
住宅購入も夢ではないと思います。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です