アイランド型キッチンのデメリットをメリットに変えるコツ!

モデルハウスに見学に行って
アイランドキッチンに一目ぼれ。

 

ヤベ、超かっこいい!!
自分の家も絶対にアイランドキッチンにしよ。

 

そう思って我が家はアイランドキッチンにして
開放的なLDKを実現させました。

 

普通の対面キッチンが嫌な人には
とてもおすすめできるキッチンですが、
生活しているとやっぱりデメリットもあります。

 

アイランドキッチンで悩んでいる人は
ぜひ参考にしてみてください。
最後にはそのデメリットも解消させる方法を紹介します。

Sponsored Link
 

散らかって見える

リビングとキッチンが一体的になって
開放的に見えるのがメリットでもありますが、
開放的過ぎてそれが返ってデメリットになります。

 

普段はあまり気になりませんが、
急な来客があった場合には、
リビングからキッチンが丸見えなのは
やっぱりちょっとはずかしいなーと思います。

 

かしこまったお客さんがくるわけではありませんが、
特に僕の親はよくアポなしで押しかけてくるんです。(笑)

 

一言連絡くれてからくればいいのに・・・
っていつも妻がブツブツ言ってます。

 

きれいに保っておこうなんて考えは最初だけですから、
生活しているとどうしても散らかって見えてしまいます。

Sponsored Link
 

リビングから物を置いてしまう

キッチンがオープンになってしまっているだけに、
リビング側からなんでも置いてしまうんですよね。

 

ケータイ、財布、鍵・・・etc。

 

キッチン側から鍋やフライパンを出していると
置いているケータイをリビングに向いて
落してしまうことが何度もあります。

 

じゃあ、やめろよ!って思いますが、
キッチンがフラットでオープンになっていると
リビングからの使い勝手がいいので
なかなかやめられないんです。(笑)

 

対面キッチンより断然高い

これは見積もり出してもらえばわかりますが、
普通のキッチンの1.5倍くらい金額の差があります。

 

まぁ、キッチンひとつでリビング全体のイメージが
ガラッと変わってしまうので妥協はしないほうがいいですが・・・。

 

新築を計画していると、あれもしたいこれもしたいって
気持ちが膨らんでくるので、どんどん金額が上がってしまいます。

 

ぜーんぶ妥協せずに取り入れることは難しいので、
アイランド型キッチンを妥協せずに安く抑えるコツを紹介します。

デメリットを解消させるコツ!

おさらいですが、アイランドキッチンには、

オープンだから散らかって見える。

なんでも物を置いてしまう。

キッチンからリビングに落としてしまう。

値段が高い。

このようなデメリットがあります。

 

このデメリットを解消させるために、
普通のキッチンを使って、大工さんや家具やさんに
キッチンの周りをコの字型に囲ってもらいます。

10255-m

こんな感じです。

 

これだったら、普通の対面キッチンと同じなので、
コストはかなり安く抑えられます。

 

で、リビング側からも見えない、
物も置かない、
キッチン側から落ちない。

 

デメリットが解消されましたね。

 

アイランドキッチンに憧れているんだけど、
予算的にちょっと難しかったり、
開放的すぎるキッチンに抵抗がある方は
ぜひ参考にしてみてください。



“アイランド型キッチンのデメリットをメリットに変えるコツ!” への2件のフィードバック

  1. […] 参照元 オープンキッチン共通の短所として、手元が全部見えてしまう、ということがありますが、こちらのアイランドは、周りにコの字型の壁を付けてしまいました。水ハネ、油ハネも防げますね。 […]

  2. […] 参照元 オープンキッチン共通の短所として、手元が全部見えてしまう、ということがありますが、こちらのアイランドは、周りにコの字型の壁を付けてしまいました。水ハネ、油ハネも防げますね。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です